人類を救う免疫細胞|細菌やウイルスを撃退する一連の流れ

最強の免疫細胞ロゴ画像

「もし、免疫がなかったら、1日で体じゅうの色々な所が腐ってくると思います」

この言葉、ちょっと信じられない内容に驚きましたが、これは、コロナウイルス撃退治療でも現在注目されている、ウイルス・再生医科学教授の言葉なのです。

自分の体に免疫細胞がいなかったら・・・とても恐ろしい話しですが、この免疫細胞は特別なモノではなく、生まれながらに誰もが持っているモノなのです。その中でも特に重要といわれるT細胞という免疫細胞も、ほとんどが若いうちに作られるので、ひとまず安心です。

そして免疫細胞は当たり前のように、年中無休で私達を細菌やウイルスから守ってくれています。感謝感激雨霰!

その免疫細胞は、1つではありません。たくさんの免疫細胞が協力し合いながら守ってくれていますが、その中でも、キラーT細胞という細胞は、他の免疫細胞から受けた取った情報を元に、ウイルスに感染した細胞やがん細胞などを正確に探し出す能力と、その感染した細胞だけを狙う攻撃力の高さから、最強の免疫細胞とも呼ばれています。

T細胞の「T」の意味は、心臓の上に2つある、胸腺きょうせんthymus)という場所でよりたくましい免疫細胞に育つので、その頭文字を取ってT細胞という名前になりました。

今日は、これらの免疫細胞が、私達をどのようにして細菌やウイルスから守ってくれているのか、その撃退する驚きのしくみと一連の働き、そして免疫細胞が未知のウイルス、新型コロナウイルスへの重要な働きの可能性が示唆されているという内容を、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

人類を救う免疫細胞

キラーT細胞が救うと言いたかったのですが、正確には、多くの免疫細胞が協力することで最強のT細胞が存在していますので、免疫細胞が人類を救う!です・・・

まず、主な免疫細胞の全体像が見えれば、わかりやすいので、数ある細胞の中から主な免疫細胞をピックアップして全体図を作ってみました。実は、免疫細胞って、白血球だったのです!白血球は防御システムの免疫担当なのです。

免疫分類図

たくさんある免疫細胞の総称は白血球ですので、一番上にデーンと白血球です。分類も骨髄系やリンパ系など色々ありますが、わかりやすいように主な自然免疫と獲得免疫を色付けにしてみました。水色が自然免疫の仲間で黄色が獲得免疫の仲間です。

免疫図

こうして見ると免疫細胞はたくさんあるのですね!そして、この免疫細胞たちは他の免疫細胞と正確な情報を取り合いながら実に効率よく働いています。

色分けはしていますが、これらの免疫細胞は1つのチームとして協力し合うことで、最強の免疫細胞を生み出しているのです。

免疫のしくみは、免疫のしくみを知って、ウイルスに強くなろう!でも解説しています。

免疫のしくみを知って、ウイルスに強くなろう!
免疫細胞の約7割が腸に集まっているのをご存じでしたか?私達が生まれながら持っている免疫のシステムが、新型コロナウイルスでも注目され始めています。身近な風邪から未知のウイルスまでに反応してくれる免疫機能が強くなってくれれば、最強です。
スポンサーリンク

細菌やウイルスを撃退する一連の流れ

今、あっちこっちから細菌やウイルスがゾロゾロやって来ました!最初に防御してくれるのは、自然免疫の仲間たちです。

自然免疫は活動する場所で大きく2つに分けられ「粘膜免疫」と「全身免疫」があります。細菌やウイルスが体に入ろうとするところから、免疫がどのようにして撃退していくのか、具体的に詳しくお話ししていきます。

1.ウイルスの侵入を防ぐ

【自然免疫の仲間➡粘膜免疫】

細菌やウイルスが体内に侵入しないように水際で防御します。

細菌やウイルスが体に入ろうとした時、最初に頑張ってくれるのが、粘膜免疫といいます。生まれながらに持っている自然免疫の仲間です。粘膜って免疫だったのですね。笑!忘れがちですが、皮膚も細菌やウイルスの侵入を防いでいます。

口や鼻には粘膜があり、細菌やウイルスが侵入しようとすると唾液や鼻水、痰、くしゃみ、咳などが、細菌やウイルスが体に入らないように防御したり、粘膜でそれらの異物にくっ付くことで毒素を無力化したりします。

粘膜でくっ付いても、突破する細菌やウイルスがいます。中々手強い病原体ですが、粘膜免疫を突破してしまった場合でも、粘膜がくっ付くことで目印になり、他の免疫細胞が攻撃しやすくなるといわれています。

2.ウイルスが体に入ってしまったら

【自然免疫の仲間➡全身免疫】

食作用による細菌やウイルスの排除とNK細胞による攻撃などです。

粘膜免疫を突破して体の中に細菌やウイルスが入ってしまったら、食細胞系のマクロファージという免疫細胞が細菌やウイルスを食べてやっつけます。細菌やウイルスが体内に入ってしまったら、全身での防御が必要になるので自然免疫の中の全身免疫ともいわれます。

それでもマクロファージをすり抜けて突破するもっと手強い細菌やウイルスがいます。すると今度は、樹状細胞じゅじょうさいぼう好中球こうちゅうきゅうなど自然免疫の仲間たちが、突破してきた細菌やウイルスを食べたり、殺菌したり、分解したりして排除します。好酸球や、好塩基球はアレルギー反応に関係する細胞です。

また、樹状細胞やマクロファージなどは、食べたり捕まえたりした細菌やウイルスの情報を、免疫反応の司令塔といわれる獲得免疫の「ヘルパーT細胞」に伝えます。

NK細胞(ナチュラルキラー細胞)の攻撃は、T細胞のように情報を受け取らなくても、常に体内をパトロールして細菌やウイルスに感染した細胞を見つけ次第、自ら直接攻撃をする根っからの殺し屋です。こわ!

3.それでも、自然免疫をすり抜けたら

【獲得免疫の仲間➡ヘルパーT細胞・キラーT細胞・B細胞】

細菌やウイルスに対抗できるそれぞれ専用の武器を作り攻撃します。武器はちゃんと保管(記憶)して次の感染に備えています。

自然免疫の樹状細胞やマクロファージから、細菌やウイルスの正確な情報を受け取った獲得免疫のヘルパーT細胞は、その情報をキラーT細胞に伝達して感染した細胞を探して破壊するように指令します。

そして、ヘルパーT細胞は、B細胞に抗体(武器)を作るように指令すると、B細胞は細菌やウイルスの抗体を大量に作って、感染した細胞を破壊して病気を治します。

1種類の異物(細菌やウイルス)に対して、1種類の抗体を作ります。キラーT細胞やヘルパーT細胞などのように、B細胞にもメモリー細胞があり1部は記憶することもできるので、次の侵入に備えます。

4.細菌やウイルスがいなくなったら

【獲得免疫の仲間➡制御性T細胞】

細菌やウイルスがいなくなると、制御性T細胞が攻撃を抑制したり、すべての細胞の攻撃を終了させたりする役割があります。

自然免疫と獲得免疫の仲間たちが頑張って撃退し細菌やウイルスがいなくなったら、それで「おしまい!」では、ありません。次に登場するのは「制御性T細胞」です。

この制御性T細胞は、獲得免疫のT細胞の仲間で、ヘルパーT細胞やキラーT細胞が攻撃をし過ぎることで、誤って正常な細胞を攻撃しないように、細菌やウイルスがいなくなれば「もう攻撃しなくて、いいよ!」と、ストップをかけます。

しかし、近年、「がん」が、免疫からの攻撃を回避するのは、制御性T細胞に原因があるということが明らかになり、制御性T細胞などの除去や抑制作用を弱める薬を投与した場合に、がんの免疫治療の効果が上がるのではないかと考えられ、検証の臨床試験が積極的に行われています。
スポンサーリンク

新型コロナウイルスも撃退!?

こうした免疫細胞の働きを上手くコントロールすることで、新型コロナウイルスにも対応ができるという研究が進んでいます。それは、先ほどの「細菌やウイルスを撃退する一連の流れ」の内容と全く同じシステムで働きます。

注目は、キラーT細胞

特に注目されているのは、キラーT細胞です。キラーT細胞は情報さえを受け取れば、新型コロナウイルスに感染した細胞を探し出し殺すことができる上、その情報を記憶することが出来るのです。再び侵入してきた新型コロナウイルスも、今度は敏速に殺すことが可能になります。

そして新型コロナウイルスの変異株に対しても、同じようにキラーT細胞が反応して撃退したという、アメリカの免疫研究所の発表もあります。

具体的に、日本では新型コロナウイルスに感染して回復した人の、コロナウイルスを撃退した情報の記憶を持っているキラーT細胞から、人工的に大量のキラーT細胞を作り出し、治療薬にする研究が実用化に向けて進んでいます。

この研究は、新型コロナウイルスに限らず未知のウイルスにも対応が可能なので、まさに「人類を救う免疫細胞」に大きな期待が寄せられています。 

簡単に免疫力を上げる方法|医学的根拠に基づいた7つのポイント

簡単に免疫力を上げる方法|医学的根拠に基づいた7つのポイント
7つのポイントはすべて研究結果や医学的根拠のある「簡単に免疫力を上げる方法」です。簡単なので、やらない選択肢が見当たりません。どれか1つでも今日から意識して免疫力が上がれば、気になる体調不良も改善するかもしれません。
スポンサーリンク

まとめ

免疫細胞って、細胞同士が協力して情報を取り合いながら細菌やウイルスをやっつけてくれていたのですね。

熱が出るのは、免疫細胞が戦っている証

風邪をひいたり、ケガをしたりすると、咳が出たり、熱が出たり、赤く腫れたりして、参っちゃうなぁ!と、思っていましたが、それって、免疫細胞が一生懸命に細菌やウイルスと戦っている証拠だったのですね!

今度、風邪を引いて咳が出たり熱が出たら、ヨシヨシ!がんばれ~免疫細胞!って、応援しないとですね。笑!

1.自然免疫の特徴は、

  • 未知のウイルスにも、敏速に反応することができる。
  • 攻撃力は弱い。
  • 細菌やウイルスの情報を伝達することができる。

2.獲得免疫の特徴は、

  • 1つ1つ武器を作るので、反応は遅い。
  • 攻撃力が強い。
  • 一度経験したウイルスは記憶することができるので、次の侵入に備えることができる。
    (近年、自然免疫の一部も記憶ができることがわかってきています)

コロナ対策、頑張ろう!

「細菌」のように生きた細胞がなくても自分自身で増殖できたり、「ウイルス」のように生きた細胞の中でしか増殖できないので、ウイルスも生き残るためには、他の個体へ次々と感染させることに必死なのです。

今回の新型コロナウイルスで、未知のウイルスの怖さ、知らないということの怖さを感じましたが、徐々に情報や対策が見えてきたように思います。

世界中の専門家の方々が日々研究をしてくれています。世界各地から、とても素晴らしい対策や治療薬が一気に出てくるような気がしています。

今の状況は1人1人「大変」の内容は違うでしょうが、もう少しだと思って、自分が出来ることをやり、乗り越えたいと願っています。医療従事者の方々にも敬意を表します。

どんな時もポジティブに!の『どんポジ』でした。

免疫力を高める栄養素の働きとエビデンス

免疫力を高める栄養素の働きとエビデンス
免疫力を高める7つの栄養素が、どの免疫に、どんな効果があるのか、また必要な栄養素が不足した場合の症状などを、わかりいやすく解説します。当たり前に食べていた食事の影響力の大きさに驚きです!

 

参考文献 ありがとうございました。
京都大学ウイルス・再生医科学研究所:ヒト iPS 細胞から再生したキラーT 細胞の固形がんモデルにおける治療効果を確認
厚生労働省:新型コロナワクチンについて
国立研究開発法人日本医療研究開発機構:加齢やサイトメガロウイルス感染が新型コロナウイルス反応性キラーT細胞に与える影響

日本がん免疫学会:○自然免疫○細胞性免疫・エフェクター細胞○
細胞免疫・制御性T細胞

安心な食材は、安心な会社から!
オイシックス・らでぃっしゅぼーや・大地を守る会
\「お試しセット」を1,980円で食べ比べてから決めるのがお得!/

↓は、数年前から1日2回、毎日私が愛用している血圧計です。息子からの誕生日プレゼントでした。腕帯(カフ)をまかなくて腕を入れるだけなのですごく楽だし、外す時のあのベリベリ音もないので時間も周りも気にせずに使ってます。今まで故障も無いし、おすすめです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
↓は、数年前から1日2回、毎日私が愛用している血圧計です。息子からの誕生日プレゼントでした。腕帯(カフ)をまかなくて腕を入れるだけなのですごく楽だし、外す時のあのベリベリ音もないので時間も周りも気にせずに使ってます。今まで故障も無いし、おすすめです。
スポンサーリンク
体調不良
ポジをフォローする
どんポジ
タイトルとURLをコピーしました