高血圧の薬をやめる作戦【大失敗】原発性アルドステロン症38

この、原発性アルドステロン症ブログは、原発性アルドステロン症が原因で引き起こした脳出血の体験記1から順に、リハビリの体験記、そして原発性アルドステロン症の体験記と続き、今回でリアル体験記38になります。

今日は、先月7月まで毎月、順調に成功していた高血圧の薬を減らす大作戦にストップがかかってしまいました。あと一息で、高血圧が完治するところでストップです。

おまけに、クレアチニン値は元には戻りませんし、腎臓に負担がかからないようにコレステロールも下げないといけません・・・が、また違う症状が出ちゃったのです。笑!

違う症状というのは、少し前から左胸の上あたりからの違和感を感じる時があります。

動悸の痛みのような違和感なのか、心臓が少し苦しい感じの違和感なのか、ざわざわ感なのか、どんな胸の痛みなのかうまく表現できない感じの違和感が、ポツポツあります。『どんポジ』のポツ・・・間違えました、『どんポジ』のポジといいます。笑

その症状が、原発性アルドステロン症の術後の影響なのかもわかりませんが、とりあえず体はひとつなので、その新しい症状も続けて記録していきます。

スポンサーリンク

胸の違和感

8月1日
その症状が出ると無意識に深呼吸を始めていますが、その違和感?痛み?はずっとではなく深呼吸を数回するうちに、ウソのようにサッと無くなるのです。

長い時はちょっと嫌な感じで、このまま強くなったらヤバいなぁと思いながら、深呼吸をひたすら続けます。長いといっても、1分ぐらいすると、サッと無くなります。

次の血液検査の時にかかりつけの女医先生に話してみようかな!ぐらいな感じで、慌ててる症状ってわけじゃありませんが胸の違和感(痛み)というと、すぐ心臓を心配してしまいますので適度にハッキリさせたいなぁと思っています。

スポンサーリンク

高血圧の薬をやめる作戦、大失敗

8月21日
恒例の血液検査です。安定してきているので血液検査は毎月じゃなくていいですよ!と、先生に言われたのですが、薬を減らせるものならなるべく早く減らしたいので、毎月血圧のデータを取って、それを血液検査の時に交渉材料にするため、毎月わざわざ血液検査に来ています。薬減らし大作戦です。

4月から始めた大作戦で、毎月高血圧の薬を減らせることができて、とっても調子にのってます。それまで1日60mgを飲んでいた高血圧のニフェジピンという薬が、先月の7月には1日10mgだけに減っているのです。続けて恒例の血圧データをせっせと記録しています。そして今日までの平均血圧が、なんと117なんです。

第5弾 ニフェジピンを減らす交渉

ニフェジピンCR錠10mg画像

平均血圧が117という数値は、引き続き薬を減らす交渉材料としては申し分ないデータです・・・よね。胸を張って先生に直訴をするしかありません。高血圧薬のニフェジピンを1日に朝10mgだけで、平均117をコントロールできているわけですから、今回もきっと大成功と予想します。エッヘッヘ!

余裕なので一気に勝負します!

先月はちょっと不安だった交渉も結果オーライで大成功だったのですが、今日はまったく不安なく余裕です。調子に乗っているので、今回は一気に勝負に出てみます!

一気に勝負とは、薬を全部やめる交渉をするということです。

とうとうここまで来ました。これが成功すれば、原発性アルドステロン症の手術で治る高血圧が、実証できることになります。

交渉開始!

いよいよ、先生に交渉スタートです!


先月、ニフェジピンを1日10mgだけになってから、150以上の高い血圧が1回も出てないし、今日までの平均血圧が、117だったんですよ!

もう数か月も血圧が安定してるので、薬を全部止めてみるのはどうでしょうか?

と、一気に攻めてみました。胸を張って!笑
そうね!じゃ止めてみる?・・・と、いつもの感じの返事を予想してたのですが、

ガ~ン・・・!

あっさり交渉失敗!!!

先生
血圧は安定してるんだけど、秋になると血圧は上がってくるから、まだ様子を見た方がいいね!

と、あっさり却下された!
今回は絶対に余裕だと思ったのに、終わった~!

 

4月から薬減らし大作戦が始まって、4か月連続で毎月交渉が成立してたのになぁ・・・、でも、今までいい感じで薬を減らせたから、まっいっか!春まで待とう!ポジ~!

交渉失敗はショックだったけど、今飲んでるニフェジピンの副作用で聞きたいことがあるのを思い出したので、落ちてばっかではいられない。

スポンサーリンク

ニフェジピンの副作用にクレアチニン上昇?

このニフェジピンという薬にクレアチニンの上昇があるという副作用を見つけたので、先生にお訊ねすると、私のクレアチニンが上がった時期的なことと、状況から見るとニフェジピンの副作用での上昇とは考えにくいとのこと。

な~んだ!これも不発かぁ・・・。ニフェジピンやめればクレアチニンが戻ると思ったのになぁ!そうは問屋が卸さない。笑

胸の痛みも相談

胸の痛みも、忘れずに聞いてみたところ、心臓はもう少し下だからね、と心臓は関係ないわよと、顔が言ってる。

何か変わった腕の動きをしなかったかを聞かれたが、特に思い当たらない。腕の動きが原因で胸の少し上が痛くなったと考えたのかなぁ!

筋肉痛?ありえね~!笑。

説明が悪くて伝わらなかったんだと自分に言い聞かせ、様子を見することにした。

スポンサーリンク

8月の血液検査の結果

8月23日
先生にご挨拶の後、先日の血液検査の結果を聞きます。
まず、気になるクレアチニンは前回の1.18よりも少し下がって、1.13で、相変わらずの横ばいでした。(ちょっとは下がったし!)

やっぱり悪玉、LDLが引っかかり

続いて、やっぱりツッコまれたのは悪玉のLDLでした。前回の159から155にちょっと下がってはいますが、気休めです!(心の中は、ちょっとでも嬉しいです!)

カリウムは、もう大丈夫

カリウムはもう完全に安定していて大丈夫のようで、今回は4.5でした。

先生が、やっぱりクレアチニンをもっと下げるには、悪玉を下げないとだね!と、強い口調で攻めてきます。ヤバい!

小さな抵抗

先生からコレステロールの薬を飲んだ方がいいと言われている私は、食事に気を付けるからとか、もっと運動をするからとか言って、どうにか薬を飲まないようにしてきたので、ちょっと強い口調です。

でも、あっさりと『薬を飲むって決めたら言って下さい。』と、諦められて、捨てられてしまいました。笑

コレステロールの薬は、腎臓に負担はかからないのかをそっと弱々しく聞いたのですが、先生から、『逆でしょ!!腎臓の負担を減らすために薬を飲むのよ!』と、怒られたー!ヤバい、ヤバい~!けど、薬は飲みたくない~!

う~~~ん、夏はあまり歩けなかったから、これから頑張って歩くから!と、またまた薬はひとまず先送りにしてしまった。

先生は、最後に『腎臓の薬はありませんからね!』と、ピシャッと言われてしまったのでした。さじなげだぁ!ヤバ!ヤバ!ヤバ!笑

肩を落として診察室を出て、やっぱりコレステロールの薬は飲んだ方がいいのかなぁ!と、不安が大きくなってきた。でも、コレステロールの薬の副作用は結構あるらしので、悩みながら今日は帰宅です。

次回は、コレステロールの薬を飲んだ方がいい状態なのかを、自分だけで悩んでも難しいので、違う病院の先生に聞いてみようかなぁ・・・!?

続きはこちらです。

↓は、数年前から1日2回、毎日私が愛用している血圧計です。息子からの誕生日プレゼントでした。腕帯(カフ)をまかなくて腕を入れるだけなのですごく楽だし、外す時のあのベリベリ音もないので時間も周りも気にせずに使ってます。今まで故障も無いし、おすすめです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
↓は、数年前から1日2回、毎日私が愛用している血圧計です。息子からの誕生日プレゼントでした。腕帯(カフ)をまかなくて腕を入れるだけなのですごく楽だし、外す時のあのベリベリ音もないので時間も周りも気にせずに使ってます。今まで故障も無いし、おすすめです。
スポンサーリンク
健康・病気
ポジをフォローする
どんポジ
タイトルとURLをコピーしました