コレステロール薬を飲みたくない理由【副作用がヤバイ】体験記39

原発性アルドステロン症体験記ロゴ
原発性アルドステロン症の原因だった副腎を手術で取り除いた後、腎機能の目安になるクレアチニンの数値が、少しだけ高くなったままで下がりきりません。これ以上クレアチニン値を上げないためには、高めのLDLコレステロール値を下げる必要があります。

これから、LDLの改善に取り組んでいくつもりですが、少し前に妻が服用したコレステロール薬の副作用が10カ月も続いたこともあり、私はコレステロール薬の服用を非常に悩んでいます。『どんポジ』のポジといいます。

手術前の検査から、術後の様子は↓体験記18からです。

大学病院の内分泌内科の担当ドクターは退院する時、しばらくすると高めのクレアチニン値も下がって、安定してくるから心配はいりません。と、言っていたのですが、手術をしてからもうすぐ1年が経つのですが、クレアチニン値はちょい高めの横ばいのままです。

そして、大学病院からバトンタッチした、かかりつけの先生にコレステロール値が高めになっているので、数か月前からコレステロールの薬を飲むように再三怒られています。

今のクレアチニン値は、現状ではまったく問題は無いくらいの数値なのですが、先生はこれ以上数値が上がらないようにするために怒ってくれています。腎機能をこれ以上低下させないようにするには、高めのコレステロール値を下げることが必要らしいのです。

スポンサーリンク

コレステロール薬を飲みたくない理由

コレステロールの薬を飲みたくない!飲みたくない!と、子供みたいになぜそんなにバタバタ抵抗してるのか?と言いますと、ひとつは、ここ数年コレステロールの基準値の見解で意見が分かれているようなのです。

LDLコレステロール(悪玉)も重要で必要なものなので、現在の基準値よりももっと高くても薬を飲まない方がいいという意見が目立ってきたのです。少し調べてみると両方の言い分があり、それぞれ正しい言い分のような気がするので迷っているのが理由なのです。

持病があったり私のような珍しい病気だったり、個々の状況がそれぞれ違うので一般的な人たちを対象にしている発表内容の活字だけを取って、それを自分に当てはめるのはちょっと強引な気もしますし、あまり意味がないと感じるので、もうこれは専門家(ドクター)に聞くしかないかな!と。

でも、今のかかりつけの先生以外の考えを聞いてみないとなので、じゃあ、違う病院の先生に相談してみるしかないかな!と。

今のかかりつけの先生は、昔からお世話になっている先生なので、ちょっと気が引けるのですが、どちらかというと薬をよく出すタイプの先生なので・・・。

もう一つの理由は、副作用がヤバイ

妻が少し前に、やはりLDLが189と高くて何回かコレステロール薬を拒否(笑)してたのですが運動や食事制限をしても一向に数値が下がる気配が無く、もう逃げ切れなくなってコレステロール薬のリバロという薬を飲むことになったのです。このリバロはストロングスタチンといわれる、スタチン系の強い薬です。

そして、コレステロール薬を、1か月間飲んだ後、大変なことになったのです。

10か月続いたコレステロール薬の副作用

薬を飲み始めてみると、次の検査でLDLはガクンと93に下がったのですが、運動しても食事制限をしても下がらなかったLDLが、いとも簡単に100近く下がったので、薬ってすごいなぁ!と喜んでいました。

しかし、1か月ほど飲み続けたころに、足の付け根周辺で奥の方の筋肉みたいな場所が痛み出したらしいのです。

重心が片足にかかると、痛いようなバランスが取れないような様子で、力が抜ける感じらしいのです。普段のように普通に歩けなくなってしまったのです。歩いていると急にガクッと足の力が抜けたり、痛かったりで、立ち止まってしまいます。

家では、いつもの座り方でお姉さん座り?もできなくなり、かかりつけの先生に症状の説明をしても、コレステロール薬の副作用ではないと言われたのですが、服用はストップです。

かかりつけの先生は薬の副作用とは無関係だろうとのことなので、今度は関節か何かがおかしいのかと、整形外科に行って状況説明しレントゲンなどを撮っての診断結果が、関節や骨などの異常はないとのことでした。

そして、その整形外科の先生にも、コレステロール薬の副作用じゃないと言われたのです。

かかりつけの先生と整形外科の先生にコレステロール薬の副作用ではないと言われたのですが、他に原因らしいことがまったくないのです。頭の中でモヤモヤしながら、普通に歩けない、座れない(お姉さん座り!)で、不自由な生活が続きました。

そして治ったのです、意識なく普通に歩けて、片足に重心が乗っても不安定さは無くお姉さん座りもできるようになりました・・・が、

完全に元に戻るまで、10か月かかったのです。10カ月です!1か月間コレステロール薬のリバロを飲んで、中止して、完全に戻るのに10ヶ月です。

ドクター二人にコレステロール薬の副作用ではないと軽く言われてしまいましたが、今冷静に考えても、やはり他の要因が全くないのです。ハッキリと99%がコレステロール薬の副作用だったといえます。残りの1%は、世の中、何があるかわからんちん!の1%です。笑

妻の副作用の場合は、長かった10か月ですが元に戻ったから良かったものの、薬の副作用で元の身体に戻らない人たちもいるわけです。治って本当に良かった感謝と薬の怖さが現実に目の前で起こったのです。これがもう一つの、コレステロール薬から逃げ回ってる理由です。

スポンサーリンク

9月の血液検査

血液検査機器画像

9月21日
血液検査の結果

先生
貧血はありません、白血球もいいですね、肝臓もいいし・・・腎機能がやっぱり横ばいだね!と、先生から今回のクレアチニンは、1.17だと聞いた。

う~ん横ばいだぁ!!
もう何カ月も横ばいでマイッタ!笑

先生
尿酸もいい、血糖も大丈夫、やっぱりコレステロールの悪玉が相変わらず高くて今回は上がってますね。総コレステロールが240に上がって、LDLが175に上がったね。コレステロール下げないと、どんどん腎臓機能悪くなるよ、腎動脈硬化っていうのが来るからね、悪玉が高いと!!!

前回よりも、LDLが20も上がってしまったのでした。やばい~!
言い訳ができなくなってきたぞ~!

コレステロールの薬、飲みたくない

ロスバスタチン錠5mg

ロスバスタチン錠5mg画像

2週間ほど一生懸命ウォーキングをやり、平均で8,000歩位は歩いたけどもLDLは上がっちゃったし、善玉(HDL)は上がらないし、多少体質的なものもあるかもと言われたけど、コレステロールの薬を飲むことになってしまいました。

頑張って逃げ回ってたのになぁ!捕まってしまいました!笑

先生に、コレステロール薬を飲んでLDLが下がってきたらコレステロール薬は止められるのかを聞いたところ、薬を飲めばコレステロールは下がるけど、薬を止めればまた上がるよとサラッと言われました。やっぱり飲み続けるってことか・・・

もう少し運動を継続しないと、運動の効果が出ないのかもしれないなぁと、まだ逃げ切ることを諦めていない自分がいました。でも、コレステロール薬は飲むと決めたからにはちゃんと飲みます。たぶん!

薬を飲めば一気に下がるらしいのです。これだけ運動しても下がらない数値が薬で簡単に下がってしまうのも逆にコワいんですが!!!

明日の朝から、飲み始めようかな。なんか、がっかりだけど、まっいっか!

腎機能を心配するなら、もう飲んだ方がいいか!コレステロール薬を飲めばたまにはご馳走も許される。薬を飲んだら腎機能のクレアチニン値が下がるかはわからないけど、これ以上、上がらないようにするためだ!ヨシッ!気合だぁ~!(カラ元気です。)

今飲んでる降圧薬のニフェジピン朝10mgと一緒に飲むことに決定!

コレステロール本来の働きを知るとビックリの2連発です!
スポンサーリンク

薬剤師さんに相談

ロスバスタチン錠5mgの処方箋を持って、調剤薬局へGO!

薬剤師さん
コレステロールを下げるお薬が追加ですね!
血圧のお薬と一緒に飲んで大丈夫なので、朝に一緒に飲んで下さい。


はい!
この薬は、結構強い薬ですか?

薬剤師さん
悪玉が多かったですか?


LDLが175だったかな。

薬剤師さん
140を超えるとちょっと要注意なので、175でしたら飲まれた方がいいと思いますと教科書的な回答。飲まないことの危険性の方が高いので、飲んだ方がいいと思います。食事とか運動で下げるのは難しいので。

逃げ回ってたのを知ってるかのような口ぶり!
顔に書いてある?笑


LDLの数値は、食事の影響はあまりないと最近は言われていますよね?

薬剤師さん
ハイ、言われています。なので薬で下げるのがいいんです。


薬は飲みますけど、他にコレステロールを下げる効果的なものってないですか?

薬剤師さん
身体を動かすとHDL(善玉)が増えていくと言われているので、LDLを減らすだけじゃなくてHDLを増やすのも良いと思います。

血液検査の結果を見てもらう!

薬剤師さん
でも、HDLの基準値は40以上ですが、ポジさんは48あるのでいいですね!基準値内なので。運動は少し息が切れるぐらいの早めのウォーキングに効果があるといわれています。血圧が下がって来ても、血管の状態をよくしておくのは大切なので、血中の脂のコントローは重要です。


ですよね!
この、ロスバスタチンの5mgは、普通の量ですか?

薬剤師さん
2.5mgと5mgがあるのですが、5mgでコントロールができれば、先生が2.5mgに減らしていくかもしれないです。


2.5mgからじゃないんですね!
副作用はどうですか?

薬剤師さん
副作用は運動もしてないのに筋肉痛があったり、手足に力が入らないなどの脱力感が起きる場合がまれにあるので、気になったら薬を中断して先生に相談して下さい。

薬品メーカーでいくつかでコレステロールの薬は出ているので、合わなかったら他の薬に変更する形になると思います。

何か、妻の時の副作用も似てるし!

とうとう、コレステロール薬のロスバスタチン錠5mgを受け取り、帰宅しました。

やっぱり、まだ飲むのや~めた!

が、モヤモヤが消えません!やはりコレステロールの薬の件でずっ~と不安なままなのです。またも色々考えて、自分の身体のことなんだから、自分が納得しないで服用するのもなんだな!という気持ちが沸き起こり、明日からの服用予定を急遽中止にしました。もちろん、かかりつけの先生には、ナイショです!笑

そして服用を中止したままではいけないので、自分を納得させるためにセカンドオピニオンっていうのにチャレンジしてみようかと・・・!

続きは、こちらです。
 
こんな記事もあります。
食事では影響しない【コレステロール値】厚労省が食事摂取基準を撤廃
厚労省は、『食事摂取基準』からコレステロールの上限値を撤廃しました。コレステロールの多い食事でも血中のコレステロール値との因果関係は十分な科学的根拠が得られなかったとして2015年から5年間利用の食事摂取基準からコレステロールの上限を撤廃しました。
↓は、数年前から1日2回、毎日私が愛用している血圧計です。息子からの誕生日プレゼントでした。腕帯(カフ)をまかなくて腕を入れるだけなのですごく楽だし、外す時のあのベリベリ音もないので時間も周りも気にせずに使ってます。今まで故障も無いし、おすすめです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
↓は、数年前から1日2回、毎日私が愛用している血圧計です。息子からの誕生日プレゼントでした。腕帯(カフ)をまかなくて腕を入れるだけなのですごく楽だし、外す時のあのベリベリ音もないので時間も周りも気にせずに使ってます。今まで故障も無いし、おすすめです。
スポンサーリンク
健康・病気
ポジをフォローする
どんポジ
タイトルとURLをコピーしました