コレステロール下げる運動【ウォーキングから週1テニスで効果大】51


私は高血圧になり脳出血を経験してしまいましたが、原発性アルドステロン症が原因だとわかり、原因である副腎の腫瘍を手術で摘出治療をして、手術から約1年後に高血圧が治ったのです。『どんポジ』のポジといいます。

長年、高血圧だったので手術をしても高血圧は完全には治らないとドクターに言われていたのですが、治ってしまいました。笑

この↓の記事は原発性アルドステロン症がよ~くわかる記事です。確率は低いのですが、血圧が高い人には、アリの病気です。高血圧が治るかもしれない病気なのです。

ですが、副腎を1つ取ったせいなのか腎機能の目安になるクレアチニン値が予想より下がりきらないことを受け、コレステロール値を下げるための薬を飲み始めています。もちろん、毎日のウォーキングもコレステロール下げる運動として頑張っています。

コレステロール薬を飲み始めた頃、スタチン系の強い薬で、ロスバスタチンというコレステロール薬を飲むと、コレステロール値はガーンと下がったのですが、副作用もガーンと出て中止!次はゼチーアという薬に変更して、また副作用がちゃんと出てしまいました。笑

このままでは、コレステロール薬で飲める薬が無くなるかもしれません。だからといってコレステロールを放置するわけにもいかないので、違う方法を考えたのがコレステロールを下げる運動なのです。

そして、コレステロールを下げる運動に決めたのがテニスなのです。私はテニスの経験者でもないのですが・・・乞うご期待!

スポンサーリンク

3度目のコレステロール薬は、「エパラ」

ロスバスタチン錠5mg画像1度目のコレステロール薬でロスバスタチンという薬を飲んだ時は、筋肉痛や足がつったり、関節が痛んだり、極めつけは寝起きに鼻血ドバーの副作用が出て撃沈しました。で、ロスバスタチンの服用がストップしました。

ゼチーア錠10mg画像2度目のコレステロール薬のゼチーアという薬を飲み始めると今度は便秘に下痢に筋肉痛と三拍子です。で、このゼチーアというコレステロール薬もストップです。

 

エパラ粒状カプセル900mg画像いよいよそして今回、「3度目の正直」で、これから飲むコレステロール薬は、エパラ粒状という薬です。このコレステロール薬は、青魚の成分のイコサペント酸(EPA)を含む薬ですが、飲む前から、この薬はあまり効果は強くはないと、かかりつけの先生から聞いています。マジか!

プラシーボ効果もあるっていうのに、服用前から効かないと言われたら効く薬でも効かなくなっちゃいますよね。笑!

ここでちょっと!

プラシーボ効果ってご存知ですか?薬じゃないのに薬のような効果が出てしまうっていう効果です。信頼できる医師から、この薬(本当は偽薬)はよく効くと言われたり、自分自信によく効くと言い聞かせたり、思い込むことで、本物の薬の効果が表れる現象です。他に、プラセボ効果とか偽薬効果ともいわれます。

この効果は、笑っちゃうような事ではなく、とってもまじめなのです。新薬を開発する時にも、偽薬と新薬の効果を比べたりの治験でも活用されています。またプラシーボ効果専用の偽薬を販売している会社もあるのです。効果のないニセの薬を作って売ってるなんて、やっぱし笑っちゃいますね。笑!

薬以外でも、自分に自信をつけさせるために暗示させたりする心理作用って意外と身近にもありそうです!鏡に向かって、「お前は美人だ!」「お前は痩せる!」とか「仕事がうまくいく!」とか。笑!

当初のロスバスタチンのような強い薬は副作用が出てしまい服用も怖いので、青魚でもどうにか効いて欲しいのですが、初めから効果はあまり期待はできないと先生に言われていますので、私も期待薄なんです。笑

こちらは↓高血圧の関連記事です。高血圧は大きく分けて2種類あり、原因がハッキリしている二次性高血圧と、原因をハッキリ特定できない本態性高血圧があります。原発性アルドステロン症の合併症の高血圧は二次性高血圧です。
スポンサーリンク

コレステロール下げる運動

コレステロール下げる運動画像
この薬もダメだったら他にコレステロールを下げる薬でもう飲める薬は無い!と、かかりつけの先生に脅されました。

脂っこいものを控える食事でのコントロールも食事からはコレステロール値に直接影響しないと厚生労働省も言っているので、他に、コレステロール値が下がるかもしれないのは運動しかないので、運動を再度真剣に考えました。薬が飲めないからといって、諦めるわけにはいきません。(頸動脈も半分詰まってるしなぁ!笑)

食事から摂ったもので、コレステロール値は影響しない!の記事です。
半分詰まっていた頸動脈検査の様子はこちらです。この検査、すごくて感動してます!

ウォーキングは効果なし

今までは脳出血の後遺症で右半身麻痺があるのでリハビリを兼ねての、コレステロール下げる運動のウォーキングは、ほぼ毎日続けていました。ほぼです。笑

平均すると1日7,000歩位かなぁというくらい、結構やっていたのですが、コレステロールを下げる運動としては、全くといっていいほど、私の数値の変化は無かったのです。

どうすれば下がる?

そこで考えたのが、トレーニングジムに通いエアバイクなどで汗をかく有酸素運動を取り入れてみました。これならコレステロールを下げる運動としては合格でしょう!

ついでに筋トレもやって、昔のようにムキムキになればしめたもの・・・でしたが、私はこれもダメでした。コレステロール値は高いままで、身体はムチムチのままです。笑!

そして、諦めて・・・飲みたくなかった薬のお世話になったのでした。セカンドオピニオンまでして逃げ回ったのですが!笑

しかし、薬を飲んだら見事に副作用のお世話にもなってしまったので、私にとってコレステロール薬以外でコレステロール値を下げる唯一の方法である運動を、もう一度真剣に考えてみることにしたのです。今までもまずまず真剣に運動をしていたのですが!コレステロール値を下げるには、今までの運動では何かが違うのです、キット!

スポンサーリンク

ウォーキングから週1テニスで効果大

コレステロール下げる運動テニス画像
これまでのウォーキングやトレーニングジムでの運動ではコレステロール値が下がる成果が出なかったので、今までと違う動きを考えました。それががテニスです。(結論から先に言います、このテニスが大当たりだったのです)

ですが、私は脳出血の後遺症で右半身の片麻痺があるのです。私はテニスの経験も特に無いので、普通の人とラリーをしたらボールに追いつけません。(麻痺が無くても同じかも。笑)ひとりで壁打ちをしても自分の打ったボールがちゃんと返ってこないし(下手~!)、やはりボールに追いつけません。

いきなりの脳出血リアル記事です。初期症状からの速攻の判断が人生の分かれ道!マジ~!
脳出血の原因がコレなんです。

何でテニス?

じゃあ何でテニス?笑。実は息子はバリバリのテニス経験が長いのです。なので、私の後遺症に合わせたテニスをしてもらえる(私の動きに合わせて、私が打ちやすい所に反してくれるっていうことです。笑)ので、適度に動けて、リハビリ&コレステロール対策を、何より私が楽しく続けられると思ったからなのです。(息子にはいい迷惑。笑!)

理由はそれだけ?って、拍子抜けでしょうがリハビリも対策も、内容がとても良くても3日坊主じゃ成果がわからないので、まずは一番難しい『続ける』ということを念頭に。継続は力なり~!ホント何ごともそうだと感じます。コツコツコツコツ!笑

ラケットも家にゴロゴロあるので、私は息子がもう使ってないラケットでデザインが気に入ったバボラとかいうラケットをゲットできて、テニスを始めるにもとっかかりがいいですし、テニスなら息子も付き合ってくれるので(半分無理やりで、楽しくは無いでしょうが!笑)早速コートの予約をして始めました。

「期待薄の薬」と「期待大のテニス」

逆プラシーボ効果で効果の薄いエパラ粒状カプセル薬も飲みながらの、私のテニス人生が始まりました。(大げさ!笑。)週1ぐらいのスパンの予定で始めます。

5月9日からエパラ粒状カプセル900mgを飲み始めました。かかりつけの先生から副作用は無いと聞いているので安心ですが、飲んですぐにお腹にきたのですが副作用は無いと聞いていますので、気にしません!

汗だくでテニス

テニスも最初はバンバン予約を取り汗だくになりながら楽しんでいます。久しぶりの運動って感じで全身汗だくですが、息子はあまり汗をかかないのが悔しいです。笑!

私は元々体育会系なので汗をかくのは大好きなのです。やった感があります。自己満足ですが!笑。おまけに、もうひとつ言っちゃうと、実は昔から筋肉痛も好きなんです。イテテテと言いながらニヤけています。あぶね~!笑。

身体が痛い!

筋肉痛の嬉しいイテテテではないんです。私の脳出血の時からのリハビリは、全身に汗をかくような動きはできなかったので、普段と全く違うテニスの動きに身体が少し驚いている感じです。

特に麻痺のある右ですが、足の指の痺れと肩の痛みが出ています。右足の痺れは、最近少し強くなってる感じがしているのですが、テニスをやる前から感じているので運動とは無関係だと思います。

右足の小指と右手の小指関節はいつもですが少しつまむだけで痛みがあり、肩の方は今日は楽になっていて軽くならラケットもふれる感じです。テニスをやった日は、足のジンジンが強くなっているので取りあえずジンジンでも変化があったので期待しちゃいます。

痛くなっても何でも、何か変化があると、これで麻痺が治るかも?っていう、いつものカラ期待です。もちろんコレステロール値も期待してますが!

スポンサーリンク

えっ!身体に発疹!

服用を始めて2週間ほど経った頃のテニスの後に、身体の異変に気がつきました。たまたま鏡の前でシャツを着替えている時に(ポーズはとっていません。笑)、首の周りにピンク色の発疹があることに気づき、妻にちょっとちょっとで声をかけ見てもらうと、背中や腕、胸からお腹辺りにも多くの発疹が見つかり、太ももにもポツポツが少しあります。痒みは全くありません。

小さいポツポツですが全体に数多く出ていて、急に気付いたので自分でもちょっとビックリで少し引く感じでした。少し様子を見た方がイイという状態でもなさそうなので、皮膚科に行くことにしました。

続きは、行った皮膚科が瞬き診察(超早いってことです。笑)の内容とテニスの効果を血液検査のLDL値を数字で証明する内容です。

続きは、こちらです。
↓は、数年前から1日2回、毎日私が愛用している血圧計です。息子からの誕生日プレゼントでした。腕帯(カフ)をまかなくて腕を入れるだけなのですごく楽だし、外す時のあのベリベリ音もないので時間も周りも気にせずに使ってます。今まで故障も無いし、おすすめです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
↓は、数年前から1日2回、毎日私が愛用している血圧計です。息子からの誕生日プレゼントでした。腕帯(カフ)をまかなくて腕を入れるだけなのですごく楽だし、外す時のあのベリベリ音もないので時間も周りも気にせずに使ってます。今まで故障も無いし、おすすめです。
スポンサーリンク
健康・病気
ポジをフォローする
どんポジ
タイトルとURLをコピーしました